キャッシングで240万円借りる(金利5.5%の場合)

キャッシングで240万円借りた場合の利息・利子の金額(金利18%と5.5%の比較)


240万円






賭け事好きな人こそキャッシングの必要性を感じてしまうのかも。

給料日に入金される自分の資金を持って賭け事をしにいきます。当たれば大きく大金が入ってくる状況が、頭に焼き付いてしまい、どんなに遊びで使う金額を決めていても熱くなった自分の気持ちは止まらないのです。それは、もうどん底まで落ちていることがはっきりしているにもかかわらず、その場を後にできないと思いこんでしまいます。

そして、時間ある限り現金をつぎ込んでいきます。賭け事にキャッシングの必要性は、負けた後財布の中身は空っぽで金融機関から引き出す物さえ残っていない場合、カードが目につきます。キャッシングカードがあることを知っていたから、自分の好きな遊びを気にせずしたのかも知れないです。もしも、カードが無くても賭け事にキャッシングの必要性を理解していれば、遅かれ早かれ作って持っていたと感じます。

借りるお金は、自分のものではないと契約時に記載されていなくても、誰もが学ぶ基本の事でわかっているはずです。でも、手にした時にそのことを忘れてしまう事が多々あります。エスカレートしていくと賭け事にキャッシングの必要性は、コントロールできず別の方向へ進むこともあります。そうならない為にも、借りたときにはできるだけ翌月までに返済する方向にしたほうがいいです。好きなときに賭け事をし、ほんの少し用立てるようにしていくとバランスよくキャッシングしていけます。金融機関からお金を用立てる事ができるシステムで救われている人は大勢います。