キャッシングで250万円借りる(金利5.5%の場合)

キャッシングで250万円借りた場合の利息・利子の金額(金利18%と5.5%の比較)


250万円






理解者によってお金借りる事の効果

ああ、お金を借りることができて良かった、助かったという経験は殆どの人が経験あるのではないでしょうか。これだけ貨幣経済が発達した世の中ではお金は生きていく上で必要不可欠なものとなっています。自給自足の生活をしている人でも石油を買ったり何かしらお金が必要な部分があります。100%何もかも自給自足と言う人は地球上にはそんなにいないでしょう。

例えば、田舎のお父様が危篤だと会社に電話が入り、すぐに田舎に帰らなければならないとき、必要な交通費がなければ、会社という場所柄、会社の同僚や上司にお金借りることができるでしょう。あなたが余程お金にだらしないということがなければ、そのような状況下では会社の同僚や上司は快くお金を貸してくれるでしょう。

このように会社の上司や同僚にお金借りることができたあなたは急いで新幹線や飛行機の切符をとり田舎に帰ることができるでしょう。そしてあなたはお父さんの元に間に合うことができた。良かったですね。もしあの時、会社の上司や同僚にお金借りることができなければお父さんに間に合うことができなかったかもしれません。もし間に合わなかったら、あなたは悔やんでも悔やみきれないでしょう。そしてあの時お金さえあればとずっと心のどこかに抱えながらこれからの人生を過ごしていく。やむ得ない事情で間に合わないときもあるでしょう。

しかしこの場合は会社の上司や同僚があなたの状況を理解してくれたお陰でお金借りることができてお父さんに間に合うことができた。こうしてみてくるとお金借りる事は時として、人の人生をも左右することもあるといえるでしょう。