キャッシングで270万円借りる(金利5.5%の場合)

キャッシングで270万円借りた場合の利息・利子の金額(金利18%と5.5%の比較)


270万円






お金を借りる事の効果について

お金を借りるには、人それぞれの理由があります。そのため、お金を借りる方法にも、その理由に適したものとそうでないものがあります。自分はどの会社からどのプランを利用すればよいのか、お金を借りる前によく考えて比較検討することが大切です。ここでは、銀行、信販、消費者金融それぞれの特徴について紹介します。

始めに銀行ですが、銀行には住宅ローンや教育ローン、フリーローンなどがあり、自分の目的に合ったローンを選択することができます。金利も低く安心して利用できますが、審査が厳しく時間もかかるため、全ての人がお金を借りられる訳ではありません。信販系は、限度額の範囲内であれば何度でも借りることができ、借入や返済がATMで行えるなど利便性に優れています。金利も比較的低く設定されています。しかし、銀行ほどではありませんが審査が厳しく、返済がリボ払いとなるため、大きな金額を借りるのには向いていません。

借りる金額が大きいほど返済期間も長くなり、金利が低かったとしても結果的に高額な利息を支払うことになります。消費者金融系は、なんといっても即日から融資を受けられるスピードがメリットです。携帯電話やパソコンからでも申込み可能で、審査が甘いのですぐに回答をもらえます。ただし、金利が高めなので、大きい金額を長期で借りる場合には多額の利息が発生します。

消費者金融に限らず、返済のことを考えず無計画でお金を借りてしまうと返済ができなくなってしまう可能性があるので、注意が必要です。