キャッシングで290万円借りる(金利5.5%の場合)

キャッシングで290万円借りた場合の利息・利子の金額(金利18%と5.5%の比較)


290万円






親からお金借りる際の注意点

親からお金借りる際に気を付けたいのが、それが贈与とみられないようにすることです。贈与とみられた場合、贈与税を支払う必要があるのです。親子の間で1年間に110万円を超える金銭の受け渡しを行った場合、お金をもらった人には贈与税の支払義務が生じます。

当事者たちがいくら金銭の貸借であるつもりでも、それを証明するものが何もなければ、税務署から贈与税の支払いを求められる可能性があります。たとえ親子間であっても金銭の賃借においては、金銭消費貸借契約証書を作成することが大切なのです。金銭消費貸借契約証書を作成していても、返済期限が定められていなかったり、具体的な返済条件がわからない場合や、返済条件通りの返済が、銀行口座の送金記録等から証明を行えない場合には、実質的には贈与であるとみなされて、課税されることがあります。

つまり、一定の返済条件通りに返済していることを証明するために、返済の時は、送金記録を残しておくことが必要です。また、お金の賃借により、親子間であっても、金銭トラブルに発展することもあります。そういったトラブルに発展しないように、書面での契約は、大事なことなのです。

書面にして残しておけば、法的にも有効ですし、書面でしっかりとした約束を交わすことで、お金借りる側は、返済する意識が強くなります。そして貸す側である親も、返済されることと、返済の意思の確認ができることで安心につながります。親からお金借りる際には、贈与税対策だけでなく、親子間の信頼のためにも、金銭消費貸借契約証書などの書面での契約を忘れないようにしましょう。