キャッシングで300万円借りる(金利5.5%の場合)

キャッシングで300万円借りた場合の利息・利子の金額(金利18%と5.5%の比較)


300万円






キャッシングの必要性について

キャッシングというのは、いざというときに非常役に立つのです。なにかと物入りになる年末年始など備えておければそれでよいがそれができなかったときなど、いざというときこそ、キャッシングの必要性は高まるのです。

キャッシングの必要性は、自分は貯金をしているから大丈夫、という人にもあるのです。人生なにが起きるか分かりません。そんなときキャッシングの必要性が際立ってきます。キャッシング枠は必要ないと思っていても少しくらいはもっておくといいでしょう。別に維持費がかかるわけではないのだから、予備として確保しておくと助かることもあるでしょう。

クレジットカードを作るときなど、少しくらい枠をとってもらうといいでしょう。またそういったカードを作るとなにか特典をもらえることもあるので、特に必要がなくても作ってみるといいだろう。商品券なりポイントなりをもらえるので実にお得です。

キャッシングに嫌悪感なり拒否感を持っている人の多くはお金を借りるということにそれを感じているのでしょう。それはそれで正しい感覚だとは思いますが、計画的に利用するならそれは問題ないでしょう。無計画に、無鉄砲に使いすぎることが問題なのです。自制して正しく使えるならキャッシングというのは人生を彩る素敵なアイテムとなることでしょう。もちろん、使うか使わないかはあなた次第ですが、キャッシングには様々な利益、メリットがあることをよく知ってから考えていただきたいのです。