お金借りる時に重要な闇金の見分け方

闇金とは正規の業者ではない金融業者のことであり、その取立ては悪質なことで知られていますよね。普通、貸金業を行う場合には財務局や都道府県に登録を行い、また貸金業規制法で定められた金利や条件内での営業をすることが義務づけられています。これを行っているのが正規の業者なのですが、闇金は未登録で営業を行ったり、また出資法で定められている金利を超えた貸金をし、法外な利息を要求したりとその実態は法に適わない悪徳業者なのです。そんな闇金業者の手口といえばダイレクトメールや携帯を使った勧誘、それから官報に公示される自己破産者に対してダイレクトメールを送りつけるなどです。闇金が大手の新聞や雑誌に載る可能性は低いといえますが、スポーツ紙や夕刊の広告には載っている可能性は高いといえます。そんな闇金の見分け方は簡単です。闇金はその広告があまりにも好条件で誇大なのです。また日本の賃金業は固定電話の番号を持っていなければなりません。ですからお金借りる際の連絡先が携帯番号だった時は闇金で間違いないでしょう。またお金借りる際に登録が行われているか否か、そして登録番号はあるのかどうかを必ず確認しましょう。これらが無ければ闇金の可能性が高いです。そして名前が大手企業や銀行の名と類似している場合には関係があるかどうかも調べましょう。似たような名をつけて関係がないところは怪しいといえるでしょう。そして業界の任意団体に加入しているか否かも調べましょう。任意団体にはJICCやJCFAというものがあります。しかし加入している任意団体自体が架空のものであることもありますから、お金借りる時にはそれらをチェックしておく必要があるといえるでしょう。


  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


TOPPAGE  TOP