お金を借りる際の繰上返済のメリットと注意点

お金に困った時など、利用の一つが消費者金融です。例えば、お金を借りる会社で有名なプロミスという会社があります。今は、30日間は無料の利息で、短期間で返済される方には、メリットです。しかし、お金を借りる方は、ほとんどが、長期間です。プロミスなどは、すぐお金を貸してくれます。しかしお金を借りる以上、高い利息を付けて返さなければならないので、利息を節約する方法の一つに繰上返済、随時返済などの方法があります。借入れた元本を、少しでも早く返済してしまえば、その分、利息が節約できます。簡単に言えば、予定より早めに返済をする方法なのですが、返済期間を短縮方法や、その後の返済額を減らして、返済期間は据え置く方法、などがあります。注意が必要なのは、繰上返済したことで、生活が破綻するようでは、意味がないということです。繰上返済に使ったお金は、手元にある現金とは違って、自分の自由に使えるお金ではなくなります。生活費を取り崩してでも、早くに借りたお金を返してしまおうと焦りすぎると、生活がたちゆかなくなります。残念ながら、早くに住宅ローンを返済しようと、焦りすぎたばかりに、生活費が足りなくなり、結果的には住宅を手放せざる得なかった、というケースもあります。1年から1年半程度の生活費は手元に残し、余裕のある資金で繰上返済するといいです。また、子供の教育費がかかるタイミングや、介護費用が必要となるタイミングが予想される場合は、それより前に、繰上返済をして将来的な支出を減少させておくというのも、良い方法です。


  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


TOPPAGE  TOP