借りるべきか、お金を借りる際の重要ポイント

お金を、なくてはならないものですよね。物物交換経済ではなく、貨幣経済ですからお金は必要です。お金があまりあればいいのですが、そうもいきません。足りない時もあれば余裕があるときもあります。余裕があるときであればいいですが、足りない時はお金借りる必要がでてきますよね。ただお金の貸し借りはトラブルのもとですのでそのような事にならないためにお金を貸し借りする際、特にお金借りる際の重要ポイントを挙げてみます。参考にしてくださいね。お金借りる必要がある時はどんな時でしょう。突然の出費などが挙げられますが突然の出費は想定できるものもありますので普段からいざという時の備えを災害だけでなくお金も備えておく必要があります。親からお金借りる際は注意すべき点があります。お金を借りたわけですから返済することをしっかり意志表示し返済日をしっかり決めるということが大切です。親だからお金は返さなくてもいいと考える方がいらっしゃるかもしれません。それでも親の方のすねがかじる余裕があれば問題ないのかもしれません。しかし考えてみてください。大抵の親はあなたより先に亡くなります。足りなくなった度に余裕がある親のすねをかじっていては親がいなくなった場合にあなた自身が困るだけです。また、余裕があるすねもあなたがかじり続ければ細り、親の生活をも脅かしてしまえば親子関係にもひびが入ってしまうでしょう。こういうリスクを考えれば成人したのであれば親からお金を借りるのではなく、しっかり返す必要がある銀行などのローンを使うことを考えてみてはいかがでしょう。


  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


TOPPAGE  TOP