お金借りる際の悪質な手口について

お金借りる時には悪質な手口に注意しなくてはなりません。これから述べるのはそんな悪徳商法の様々な手口についてです。まずは貸します詐欺といって金融機関の名称や登録業者の登録番号を詐称してダイレクトメールを送り、保証金などの名目でお金を騙し取る手口です。次にお金借りる際に調査費を請求され、実際の手続きは何もぜず、自己破産や裁判の方法が書かれた書類を送るだけというものがあります。また他社を紹介することによって法外な手数料を請求する紹介屋というものも存在します。さらに借り入れのある債務者へ金銭を要求する債権譲渡詐欺、低金利で勧誘するものの、実際には融資がされることなく保証金を要求したり、他社を紹介するといって多額の保証金を要求し、融資が無いまま連絡が途絶える手口、借金の一本化と勧誘しておきながら実際の融資はなく、保証料や手数料を要求するもの、カードで商品を買わせ、それを安く引き取り後日連絡が途絶えてしまう買取屋、登録情報を変更してあげるといって手数料やコンピュータ操作料を請求する消し屋などです。これら悪徳業者の甘い誘いに乗ったり脅しに負けたりしないでください。世の中美味しい話は無いと思えば正解です。お金借りるということは悪徳業者と関わる可能性があるということです。そして悪徳業者からの借り入れ金は不法原因給付なので返還の義務はなく返済しなくてもよいという判例もあります。ですから悪徳業者に関わってしまったと思った場合には適切なところへまず相談してみましょう。


  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


TOPPAGE  TOP