お金を借りる際の金利の重要ポイント

お金を借りる際ですが、重要なポイントになるのが金利です。金利を考えずに借入れしてしまうことは、一番やってはいけないことだからです。では、カードローンではどんな金利設定となっているのでしょうか。一般的に、利息制限法の上限にそって金利は設定されています。また、利息制限法では、元金に応じた金利の上限が設定されていて、10万以下の場合は年利20%、10万未満の場合は年利18%、100万以上のの場合は年利15%となります。このため、大半のカードローンでは年利18%程度を上限として設定されているのです。どこの金利も同じかといいますと、そうでもないようです。銀行系カードローンの金利は、消費者金融系であったり信販系と比較すると金利は安く設定されています。さらに、銀行系カードローンの場合は送料規制の対象からも外れるため、融資額も高額となる場合が多く、そのため全体の金利が低めに設定されているのです。短期で少額でお金を借りる場合には、金利はそれほど大きな、意味合いを持ちません。しかし、中長期的に、借入れをするのであれば、確実にその金利は意味を成してきます。ですから、少しでも金利の低いところでお金を借りることをお勧めします。中には、無利息金利を一定間設けている業者もありますので、優遇キャンペーンを有効活用して少しでも、金利の掛からない借入れをすることです。基本的には、自分の口座に振り込んでもらうか、レイクATMなどに行ってキャッシングなどをするかの違いになります。


  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


TOPPAGE  TOP