お金借りる際に重要な信用力・信用情報について

お金借りる際には、お金を貸す側に立場を変えてみると、何が重要であるかが見えてきます。もし親しい友人や、親類からお金を貸してほしいと頼まれた際、その人が信用できる人かを重視して貸すかどうかを決めるのではないでしょうか。


お金を貸す際は、モノの貸し借り以上に、シビアになることでしょう。ましてや、今日知り合った人にお金を安易に貸すようなことはしないはずです。お金を貸すというのは、返済してもらえるかどうかがカギとなり、リスクを伴うものだということがわかると思います。


銀行でお金借りる際に、審査に時間がかかるといわれますが、返済の目途の立たない人に貸すことはできないのですから、慎重になるのは、当然なのです。しかし、お金借りる側からすると、必要な今欲しい、という時があるのが現実です。そこで、便利なのがキャッシングです。


審査はとてもスピーディで、信用情報機関への照会により、どの消費者金融から、どのくらいの額を借入しているのかがわかるようになっています。そして、多重債務者ではないか、支払い延滞歴はないかということも確認されています。その他にも年収のほか、勤務先、勤続年数、居住形態、居住年数などの確認により、審査がされています。


ここでも信用力が問われているのです。これらを独自の方法でスピーディに行っており、即日融資が可能なこともありますから、急を要する方にとっては、このスピーディーな対応は、大きなメリットです。その反面、金利は高めの設定となっていますので、キャッシングを利用する際には、短期間、少額にとどめておくことをお勧めします。


お金借りる際には、信用力を損なわないように、ご自身の返済能力に合った借入金とし、計画通りに返済するようにしましょう。


  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


TOPPAGE  TOP