いざという時のキャッシングの必要性

なるべくなら借金は作らずに、堅実に生活していきたいと思うのは誰にでもあてはまることだと思いますが、キャッシングの必要性は少なからずあります。キャッシングにはいざという時に役立つ面も持っているのです。一般的に、家賃や公共料金の口座引き落としは、だいたい同じ日に重なることが多いものですが、その引き落とし日にどうしても口座の残高が不足してしまうと、あとで払う手間は大きくなります。自分で手数料を払って指定口座に振り込まなくてはいけなかったり、延滞手数料が追加で必要になります。またクレジットカードは即座に使えなくなりますので、他の決済もできなくなるなど、影響は連鎖的に大きくなります。こうした事態をさけることが可能になるのが、一つ目のキャッシングの必要性です。お金の都合がつき次第、キャッシングを返済すれば金利も最小限に留めることができます。二つ目のキャッシングの必要性は、海外旅行時や深夜など銀行口座から現金を引き落としできない事態に備えることができることです。クレジットカードなどは世界中で使うことができるものが多く、クレジット決済以外にキャッシング機能を付帯しておけば、海外でもキャッシングができます。私も実際に、深夜に電車の乗り越し精算をするための現金持ち合わせがなく、慌てて駆け込んだATMで口座から現金が引き出すことができず、一瞬青ざめた経験があります。しかし24時間稼働していたキャッシング機能で現金を手に入れることができ、無事生産できました。いざという時にこそ、キャッシングの必要性が見えてくるのです。


  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


TOPPAGE  TOP